パンフレットを作りたい

カラーチャート

パンフレットの作成方法

パンフレットや小冊子等のページ数の少ない冊子を作りたい場合、小部数なら自作でも可能ですが、お客様用に渡すためのものを大量に作る場合は印刷会社に発注する方が間違いありません。書籍の製本は費用がかかりますが、パンフレットやカタログ程度なら中綴じ印刷がオススメです。中綴じ印刷が選ばれる理由は、何と言っても費用が安いことです。製作工程が通常の製本より少ないためコストがかかりません。また中綴じ印刷でもカラーや白黒印刷、紙の種類も様々で大抵の要望に印刷会社は応えてくれるのも魅力です。部数も100部からが基本ですが、必要に応じて相談にのってくれる印刷会社も数多くあります。最近では中綴じ印刷したデータを電子化して、電子ブックまで作成してくれるところもあります。肝心の中綴じ印刷にかかる費用ですが部数や紙の質、印刷方法によって変わります。最も安い印刷方法はオフセット印刷です。サイズは主流であるA4がやはり低価格です。100部のA4オフセット印刷なら5000円前後で対応してくれるので、自作する手間を考えれば印刷会社に発注した方が、見た目もキレイな仕上がりのものを作ってくれます。中綴じ印刷を導入することで、パンフレットやカタログを手軽に大部数作れて配ることができるので、商品や作品の宣伝効果が非常にあります。僅かな費用で最大限の効果があるため、フリーペーパーなどに最適です。また学生でも利用できる値段なので同人誌作成にも中綴じ印刷は便利です。

自作か業者か

名刺

名刺を作成する時、自作すると費用が安く済むイメージがありますが、印刷業者に依頼しても自作と同じくらいの金額で作成してくれます。同じ金額で作れるなら、きれいな印刷で紙質の良い業者に依頼したほうがお得です。

長期的に依頼するメリット

婦人

長期的に見れば、名刺印刷を印刷会社に依頼するメリットはとても大きいです。印刷会社では用紙を安く仕入れるために相当な努力をされています。また、企業で使う名刺は同じデザインの場合が多いため、デザイン料も掛からなくなり、更に安くすることが出来ます。

見栄えを考えて

名刺

名刺などの印刷物は、相手に印象をしっかり残す必要があり、他との差別化をはかれるものにしておくことが重要です。また、機会損失を避けるためにも、早急で迅速な対応ができる専門業者と継続取引をしておくほうが無難です。